家電としての携帯

携帯電話、特にスマートフォンは既に単に携帯電話であるだけではないものに進化していると言えるでしょう。スマホは誰が考えても既にモバイルコンピューターで、パソコンの一種と言えますが単純にパソコンであるだけのものではすらなく、新しい家電ともいえるものへ進化していると言えます。

IT、家電(携帯)としてのスマホの存在感が高まってきています。
例えば新型のスマートフォンでは5インチから6インチの大型の画面が主流となってきています。これは単に電話として使うには大きすぎるかもしれません。ポータブルゲーム機としても十分に余裕なあるゆったりとした大きさと言えるでしょう。
更にビデオプレーヤーと考えるのなら、もう少し大きくても良いかもしれません。今後更に大きくなる可能性も十分に秘めた大きさと言えます。

お気に入りの一足がきっと見つかる

スマートフォンはIT、家電(携帯)として、家電分野を含んで進化し続けているのがこの大きくなってきた、そして更に大きくなりそうな画面を見ても現れていると言えるでしょう。
すでにポータブルなテレビはスマートフォンがあれば足りる状況と言えます。有料放送もネット配信のものは既にスマホに対応しているものが多くなっています。楽曲のダウンロード販売や、電子書籍のリーダーもそれぞれ専用の機器もありますが、販売の主力はパソコンもしくはスマホです。

《High Sound》はオーディオ買取専門店ならではの適正・高額査定

デジタルカメラもコンパクトデジカメは既にスマホの内臓カメラにほぼ取って代わられていると言えます。IT、家電(携帯)はスマホを中心に動いているのです。すでにスマホはIT、家電(携帯)です。単純な通信機器ではないのです。
ラジオもスマホのネット配信で聞いている人が増えてきています。特にAMラジオは現在の電波状況のよくない室内では、雑音が多くあまり実用的ではなく、ネット配信でなければ受信できない人も多くいるでしょう。

また簡単なところではスマホは懐中電灯でもあります。IT、家電(携帯)で現在スマホが上手く対応できていないのはプリンタースキャナーくらいでしょうか。これも技術的には難しくないのでもう直ぐのような気がします。

2台持ちでトラブル回避に努めましょう

更に今後は様々な機器をコントロールするセンターにスマホがなって行くでしょう。スマホは基本的に個人の認証が出来る機器ですので、様々なものの鍵となりうる資質を備えていますから。
おそらくスマホは今後一旦更に大型化して高機能高性能化するでしょう。まずはパソコンが持っている機能を全て飲み込むことへ進化が進むと思います。

トップへ